デッド・オア・アライブ妙高高原


長距離夏合宿、最後を飾るのは聖地・妙高高原。
てゆーかもう満身創痍ですけど自分。
箱根に向けて最後の追い込み。
つーわけで練習しか覚えてないんで、まぁ淡々とつづります、自分の生き様(残念)。


◎一日目

●午前練・300km変化走(80km/h〜160km/h)

なんつっても今年の合宿は三回とも、出発はいつも雨。
はじまりはいつも・・・雨。
雨だと運転がかなりだるいんですが、今回も行きますよ。
メンツを紹介します。
三回全て参加している鉄人Y本(さん)、一番弟子K林、天然素材A國(伏せ字にすると謎すぎる)。
そして、エースまめはげ(車酔い)。
今回も濃ゆい野郎が集まりましたが、もちろん僕は、運転中ほとんど話しませんでした。(どーん)
なぜならば・・・
眠かったから・・・。
行きから眠いとか、幸先よすぎですね。

●午後練・野尻湖1周(15km)ペース走

ペースはゆっくりめ、終始OBの酒将N川さんに引っ張ってもらい助かりました。
ちなみに一緒に走っていたまめはげが途中で離脱。
おいおい、離脱するほどのペースじゃなかっただろってことで、後でどうしたのか聞いてみると、

まめ
「いや、途中で二回も野グ○しちゃいました・・・。」

あぁ、野グソしたのね。

そんな感じで練習終了。
まぁ初日やし、軽めに終わっていい感じだなぁ・・・。
と、思ったのも束の間。
野尻湖の真骨頂、それは、
宿まで往復14km・・・。
Feel so highですよ・・・。まさに。
帰る途中でバカみたいな大雨にも遭遇し、テンションは上がりっぱなし。
はっきり言って本練習よりもきつかったことは言うまでもない。


◎二日目

●早朝練・12kmペース走(黒姫高原コース)

ふう、遂にこのメニューをやる時が来てしまったようだ。
二年ぶり・・・。

黒姫よ!!私は帰ってきた!!

黒姫=姫=鬼門。
以上。

●午前練・昼寝

寝るのも練習のうち。
最高に気持ちいいってば。

●昼練

妙高合宿は昼飯が出ないので、各自ですませることになっている。
ここで何を選ぶか、選手のスキルを試されていると言っても過言ではない。

オレは昨日の野尻湖からの帰り道にあった、怪しすぎる定食屋「日本亭」に行くことに決めていた。
そして当日、その考えの下に集ったまめはげとT本を引き連れていざ出発。
まぁぶっちゃけ味に期待してはいない。
ただ「話題性」だけを求めてオレ達はのれんをくぐった。
そこにいるのはデブメガネの受付と・・・金髪のヤンキー上がり!!
な、なんなんだこの存在感は・・。

明らかに料理を売り物にしているとは思えないビジュアル面。
オーケー、こいつは期待通りだ。
そして「とりから揚げ定食」をオーダー。
すると今までダルそうに座っていたヤンキーが、ダルそうに立ち上がり料理開始。
なにその哲人オーラ。

しばらくして、ようやく定食登場。
ん、なんか唐揚げが黒ずんでますけど・・まぁいいや、ネタにさえなれば。


うめぇ!!

これが唐揚げってヤツなんだね!!
生まれて初めて本物の唐揚げを食いました。
っていうのは言いすぎですごめんなさい。
でも、普通に旨い。
つまり、つまらない。かと思いきや、平均以上の味と、限界点突破のビジュアル面。
二つ合わせて、三ツ星レストラン認定ですよ!!
最後までダルそうだったヤンキーと、最後までパシリオーラ全開の弟分、ありがとう。

●午後練・笹ヶ峰T.T

笹ヶ峰・・・説明しよう。
登り8.5km、下り1.5kmの10kmコースさ。
登りの傾斜?
まぁスタートからゴールまでの高低差が500mくらいらしいから、それで計算してみてくれよ。
とにかく
もう登れません。



帰りはまさかのF永さんカーで下りタイムトライアル。
兄さん、レガシーはハンパないっす・・。
一旦宿に帰って、今度は慣れ親しんだキューブでもっかい峠攻め。
オレのことを待っていた人々を頂上で乗せて下山。
笹ヶ峰2往復しました。
自分、頭文字(イニシャル)K.Hですけど、全開で下りましたから・・・。
今回の合宿、命かけすぎじゃない?


◎三日目

●早朝練・15kmペース走(池の平周回コース)

まぁなんか気持ちよくは走れた。
でもいかんせん昨日のダメージで登りがきつすぎ。

●昼練

再び来てしまった。日本亭へ。
今日もとりから揚げで決まりだなってことでオーダーすると、

弟分
「ごはんがまだ炊けてないんですよ。」

一同愕然。
初参戦のミヤパイさんは開いた口がふさがらない様子だ。
でもいいんだ、オレはこういうのを求めていた。

「まだ」っていうか今日は絶対にごはん炊く気無いっていう雰囲気が日本亭クオリティ。

あーっす。
ちなみにしょうがなく頼んだ「チャーシューラーメン」は鬼のように普通の味でした。
来年・・・潰れてませんように。

●午後練・20kmペース走(黒姫高原コース)

もうここまでくればなんでもござれって感じで、奥さん、20kmですよ。
鬼門・黒姫を20km・・何かが起こる。
その予感は、早くも7km地点で現実のものとなった。

Cチーム(ホリ・まめはげ)遭難しかける。

分岐地点付近の会話。
ホリ「こっちか?」
まめ「いや、もうちょい奥のじゃないっすか?」
ホリ「こっちぽくね?」
まめ「でも矢印が書かれてるって・・・あ、これ矢印じゃないッスか?」

ホリ
「・・・んなバカな。」

その矢印が正解でした。

その矢印の先にF永さんの姿を発見し、なんとか復帰。
危なかった。
その後も謎の宗教組織『解脱会』の総本部の横を走ったり(疲れているのでツッコめず)、
まめの腹から「タプンタプン」と音がしたので思わず笑っちゃったり(その影響でペースダウン)、

黒姫はやっぱり鬼門でした。


◎最終日

●午前練・野尻湖T.T(Bチームは25km)

いよいよ、いよいよ長かった合宿も終わりですよ。
最後の試練は25kmトライアル。
一周目はなんとかリズムよく走れたものの、二周目に入った瞬間足が動かなくなった。
しかし、そこは今回かなりお世話になったN川さんに、叱咤激励され、なんとか崩れずにすみました。
ホント感謝感謝ですよ。



現状から考えれば、及第点の結果だと思いました。
そう言えば、オレよりも早くゴールすると思われたまめはげはまさかの失速。
どうしたのか後で聞いてみると、

まめ
「いや、途中で(以下略)」

ストッパ携帯しとけ。
これで終わり・・帰るだけ!!
しかしこの疲労感は・・・バイヤ。

●午後練・300kmビルドアップ

最初に言っておきます。

また寝ました。

原因なら分かってんだ。
横川SAでつい食べちゃった「野沢菜のおやき」なんだ。
そこまで練習後から何も食べなかったから、わりと眠くもならずに運転できたのだが、
それが油断を生んだんだね。
腹減ったし、ちょっとくらいいいべ、そう思ったのさ。

そしたら、出発して間もなく、例の「フワフワ感」に包まれ始め、
遂には、1秒寝ました。

でも、今回はその眠気すら楽しめるレベルにまで達したし、次何かあっても、
寝ながら運転できる気がする☆

部室に着いてから、寝たことを告白すると、まめはげが、

「あぁ、やっぱりそうじゃないかなって瞬間があったんですよ。」

と、したり顔でオレに言ってきたが、

だったら起こせ。


帰りの選曲はACIDMANのアルバムオール再生。
ちょうど学校に着く時に終わりました。なげー戦いだった。

少なくとも、この夏の走行距離は大学長距離界トップレベルだと、自負しております。
以上。さらば夏。


新機軸(師弟)





助手席に彼女いるからって調子に乗った運転をするヤツだけには、
負けない。
inserted by FC2 system